お問い合わせはコチラから
ギフトサービス
お買い物ガイド
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

休業日

干物屋女将直伝!干物のきれいな食べ方・マナー 【ホッケ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホッケ

居酒屋などでホッケが出てくると、ワッ!とみんなでつついて食べる。女将も大好きな干物のひとつです。
身が厚くて美味しく、骨が少ないので、普段あまり魚を食べないという人でも、箸を伸ばしているところを見かけます。
そんな、みんなが大好きな「ホッケ」についてお話ししますね!
ホッケの干物のきれいな食べ方やマナーもご紹介します。

ホッケ干物はなぜおいしい?

ホッケの干物は、中骨が太いので機械で開きを作るとき、骨の真ん中を切断していきます。
そのため、身の両方に中骨が付いています。
骨をはがしたときに、骨についた膜のようなものがあるのを知っていますか?あそこは味が濃くておいしい部分ですよね!あの膜は旨味が凝縮されているだけでなく、焼いたときに身の中の水分が蒸発しにくい機能もあるんです。
ホッケは、その膜も両方の身についてくるので、どちらも味に差がなくおいしく食べられるという魅力があります!
というわけで、次はホッケのきれいな食べ方を見ていきましょう。

ホッケ干物のきれいな食べ方・マナー

ホッケの干物は食べやすいですが、この手順をしておくとさらに簡単でおいしく食べられますよ!
熱々のうちに、両方の身にある背骨を箸で上から軽く抑える。(骨をはがすときにこれをやっておくと身離れが良くなります)
頭側から背骨を指でつまみ軽く引き上げる。
背骨と身の間に、箸を奥から手前の向きで差し入れ、尾の方へ骨を引き上げていく。
あとはポロッと身が取れるので、たまにある小骨に気を付けて食べてください。

【マナー】

取り外した骨や食べ終わったホッケの皮は、お皿の端へ寄せておきましょう。
干物や焼き魚の食べ方では、手を使っても大丈夫!
かしこまった席では躊躇してしまうかもしれませんが、堂々と手を使ってくださいね。

–関連記事————————————————————————————————————————-

開きの干物はどうやって食べる?キレイな食べ方&おいしい部分(アジの開き編)

ホッケの料理

ホッケは足が早い魚なので、干物にするのが一般的。地元では生のホッケがスーパーで売られていて、フライやムニエル、煮付け、鍋で食べたり、ちゃんちゃん焼なども楽しめます。
身は白身魚なのでふっくらやわらか。脂がのった冬の時期が特に美味しいです。
脂の多い魚で、冷蔵車など発達していなかった時代では地元以外にはあまり流通しておらず、「脂っぽくてマズイ魚」なんて言われていたこともあります。
今では冷蔵事情が発達し、おいしいホッケの干物が全国どこでも食べられるようになりましたね!

「ほっけの干物」で作る! 簡単♪ホイルチーズ焼き

ホッケにはカルシウムが豊富!

開きの干物の中では、アジ・サンマを抜いてホッケがダントツにカルシウムが多く、その量は野菜の小松菜より上回ります。
また、ミネラル(カリウム・鉄・銅・亜鉛・リンなど)、ビタミンD・E、EPA・DHAも含まれていますので、健康的な食事にピッタリ!
カルシウムは、骨だけに含まれているわけではありません。
ホッケの身にある「筋膜」の部分にもカルシウムは多く含まれています。筋膜とは、魚の身を輪切りにしたときに見える年輪のような筋のことです。
この筋膜があるので、ホッケは身離れがよく食べやすいという特徴もあります。

ホッケの主な産地

ホッケといえば「北海道産」とよく見かけますが、その他にもオホーツク海をはじめ、日本海、茨城より北の太平洋沿岸、三重県周辺などにも生息しています。もちろん福井県でも取れますよ!
釣りでホッケが釣れることもありますが、そのときお刺身にするのは要注意!アニサキスなどの寄生虫がいることが多い魚ですので、フライなど過熱調理がおすすめ。
せっかくなら刺身が食べたいという場合は、家庭の冷凍庫なら48時間以上しっかりと冷凍(ルイベ)してから刺身として食べましょう。
アニサキスは、切られると死ぬといわれていますので透けて見えるくらい薄く切るという手もあります。

ホッケの名前

ホッケは地域によってタラボッケやホッケ、ボッケア、チョウホッケなどいろいろな呼ばれ方があります。
名前の由来は、ホッケの幼魚は青緑色で、群れる姿が花のように見えるので、「魚編+花」の漢字にもなっているそうです。「𩸽」でホッケって素敵な名前ですよね。

さらに、成長段階によっても名前が変わるんですよ。
アオボッケ5〜15cm
ロウソクボッケ20cm前後
ハルボッケ20〜25cm
ネボッケ25cm以上
大きなホッケは大勢で食べることもできますし、味も美味しいですので食べてみてくださいね♪

越前宝やでは、様々な干物を販売しております。
父の日ギフトにもぜひご利用ください。

縞ほっけが入っている商品はこちら!

セット内容

父の日

敬老の日
お問い合わせ