お問い合わせはコチラから
ギフトサービス
お買い物ガイド
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

休業日

干物が出来るまで

良質の魚を 最高のものに 最速で

良質の魚を

旨い干物は 旨い魚から

越前港

魚が生息しやすいエリア<越前海岸ならではの特殊地形>

越前港の漁場は、地形が100m~150m~200m~と段々畑のようになっているため、カニや魚にとって生息しやすい地形となっています。これは他の地域には見られない越前沖ならではの特徴です。
さらに日本海側のほぼ中央に位置する越前沖は、暖流と寒流がぶつかり合い、カニや魚のエサとなるプランクトンや小魚、甘えびなどが豊富に生息しています。その良質なエサを食べる魚は、おいしい身に育ちます。
また冬の日本海の海水は冷たく、その荒波にもまれて育つため、身が締まっているともいわれています。
特殊な地形、豊富なエサ、冬の海水温度など、越前沖は美味しいカニや魚が育つ環境に恵まれた漁場なのです。

水揚げ

より新鮮<沖泊まりせずに日帰り漁>

魚やカニの味の決め手は、なんといっても鮮度。
越前海岸沿岸は急深で、カニの生息水域である水深250~400mまで、一気に深くなります。そのため漁場が港から約37~56kmと近く、時間にして約1~2時間も船で走れば漁場に到着します。
漁の後、すぐに港に戻ってくることができるため、沖泊まりせずに日帰り漁を行うことができ、より新鮮な魚や越前がにを水揚げすることができるのです。

越前港

漁獲量が豊富<市場で魚の値段が安定>

越前町は小型・大型含め50隻以上の底びき網漁船を保有する、福井県最大の港です。
漁港の近くには冷蔵庫や加工場が多く、たくさんの魚を受け入れられるため、市場で魚の値段が安定しています。

最高のものに

越前町の中で60余年続く 一番古い干物加工屋

越前町で一番古い干物屋

越前の中で一番干物の有名なお店

越前宝やの干物加工は、越前町で最も古くから続く山下水産。創業60余年になります。
越前町で一番多くの干物を加工しており、魚の味にうるさい地元漁師も買い求める干物屋として親しまれています。

加工場は港から徒歩10歩

加工場は港のすぐ目の前、徒歩10歩の距離にあります。そのため、常に水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を仕入れることができます。
仲買人は、先代のあとを継いで40年の大ベテラン・女将の実父の山下信秀です。直接港へ足を運び、質の良い魚を見極めて競り落としています。
大量仕入れで良質な魚を安く手に入れ、その分、手間・塩・水にこだわりを費やしています。

絶妙な塩加減も「手仕事だからこそ」

干物加工は、女将の実弟・山下一信。越前宝やの自慢の職人です。
仕入れたばかりの新鮮な魚を一匹一匹手作業で下処理し、魚の種類や大きさ、身の厚さ、脂のり、季節、その日の気温や湿度などによって、塩加減や乾燥時間など細かな調整をして作っています。
水は浸透力・溶解力の高いイオン水、塩は浸透力が高くミネラルたっぷりの越前塩を使用。少量の塩で魚体に塩分がいきわたり、魚本来の旨味が引き立つ低塩を実現しました。
干し時間も、通常1時間を2時間に。干す時間が長いほど、魚の旨みが凝縮されます。
絶妙な塩加減も、手暇をかけた「手仕事だからこそ」かもせる味わいです。

干物ができるまで干物ができるまで干物ができるまで

最速で

女将がいるお魚屋さん 女性らしい親しみが持てるお店

心掛けしてること:いつも早い対応

ネットでの買い物で「注文してからちゃんと手元に届くのか」「問い合わせメールの返信は、いつ来るのか」そんな不安を感じたことはないでしょうか? 
「注文したらすぐ欲しい」「せめて、いつ届くのか早く知りたい」そんなご要望にお応えできるよう、顔が見えないネットショップだからこそ、素早い対応を心がけています。

心掛けしてること:丁寧に 親切に

当店の干物は、贈り物としてお使いいただく機会が多く、ご依頼の方や、もちろんお届け先の方にも大変喜ばれています。
贈り物の注文は、相手に届く日時や、届いた時の梱包の見た目、普段食べなれないものの場合はおいしく食べられるかどうかなど、自分への買い物よりも神経を使うものです。だからこそ、スタッフ一同、自分が誰かに贈り物をするときのような気持ちで対応を心がけております。
気になる点などございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。



父の日特集
お問い合わせ