お問い合わせはコチラから
お買い物ガイド
ギフトオプション
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

休業日

ふるさと納税

プロテインは必須!?タンパク質を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タンパク質と言えば、どういったイメージをお持ちですか?
「タンパク質=プロテイン? 筋トレしている人が積極的に摂るもの?」
といった感じでしょうか?

昨今では、たくさんの栄養素が注目されています。
その中でも三大栄養素と呼ばれているのが、「糖質」「タンパク質」「脂質」。
もちろん私たち人間の身体は単独の栄養素では機能しません。
沢山の栄養素が補い合い、作用しています。
しかし、三大栄養素と言われるくらいですからその役割は非常に重要です。

タンパク質には、健康でいるために必要な役割が沢山あるんです。
今回は知らなきゃ損な話をしていきたいと思います!

そもそもタンパク質って何?

タンパク質と簡単にまとめていますが、タンパク質というのは主にアミノ酸で構成された物質です。
自然界には多くのアミノ酸が存在していますが。人間の身体に役に立っているのは約20種類とされています。
これらのアミノ酸が様々なつながり方をしていく事で、筋肉や髪の毛、爪へと形を変えていきます。

アミノ酸の中でも特に意識して摂取して欲しいのが、必須アミノ酸と言われるもので、9種類のアミノ酸です。
これらは体内で生成することが出来ないために、食物から摂取する必要があります。有名なもので、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」などですね!!

また、動物性と植物性でもタンパク質の種類が別れています。
簡単に説明させて頂くと、動物性のがタンパク質の吸収性が良いです。
アミノ酸スコアという数値も存在していてアミノ酸スコア100が理想で、植物性のタンパク質は100に満たない食材が多いです。

タンパク質の不足、過多による弊害

よくダイエットなどでひたすらカロリーを減らす方がいらっしゃいますが、本当に辞めておいた方が良いでしょう。
三大栄養素は適度に摂取したうえでカロリーをコントロールしてあげてください。

よくある傾向としましては、

「糖質」‥‥ひたすらカット。まったく取らない
「タンパク質」‥‥意識していない
「脂質」‥‥ひたすらカット、まったく取らない

が多いと思います。

タンパク質が欠乏してしまうと髪や肌にハリが出なくなってきてしまいます。
健康目的でダイエットをしているのに、肌はガサガサ、髪はボサボサなんてことになりかねません。
また、筋肉を作る素材にもなっています。
筋肉量が減ってきてしまうと、基礎代謝が落ちて太りやすい体質になってしまいます。
カロリーを減らす時には必ずタンパク質を摂取して上げてください!

逆に摂取しすぎるとどんな弊害があるかというと、

・内臓の疲労
・腸内環境の悪化

などです。
余分なタンパク質を摂ってしまうと、こういったことにもなってきてしまうので気を付けましょう。

ちなみに一般的に言われている摂取量目安は、体重分×0.001のタンパク質を摂取すればよいとされています。
体重50キロの方ならば50グラムです。
トレーニングをされる方はそれの1.5倍から2倍が良いとされていますので、参考にしてみてください。

タンパク質ならこれを食べて!!

ここまでタンパク質について紹介してきましたが、やっぱりタンパク質を摂取するならお魚ですね!!
魚には豊富なタンパク質が含まれています。また魚に含まれている脂質は良質な脂ですので、身体にとってとても良いです。

越前宝やでは、豊富なお魚を取り揃えております。
その中でも手軽に美味しく頂けると好評なのが、「骨まで食べられる焼き魚」です!
1枚約90グラムの焼き魚で、どの種類もタンパク質の含有量が20g前後と素晴らしい数値になっており、しかも!!カルシウムも通常の干物よりも6.6倍も摂れる商品となっております。
種類は「サンマ」「アジ」「サバ」で、味も「燻製」「醤油」「塩」とあり、好評いただいております!
成人であれば一日の約3分の1を、お子様であれば一日分を摂取できるタンパク質量となっておりますので、是非ご利用ください!!

骨まで食べられる焼き魚

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
タイトルにプロテインと書きましたが、プロテインは手軽にタンパク質を摂取できる優れものです。
魚を食べて十分な量さえ摂れれば必要はありませんので、是非ご自身の食事をさらに良いものに変えていってみてください!!

父の日
お問い合わせ