お問い合わせはコチラから
お買い物ガイド
ギフトオプション
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

休業日

ふるさと納税

今月の7月27日は土用丑の日。鰻を食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丑の日といえば、「うなぎ」ですよね。

もともと、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、疲労回復や食欲増進に効果的な「うなぎ」は、夏バテ防止にぴったしな食材といえます。でも、そもそもなんで、丑の日は「鰻を食べる」のでしょうか?!

「丑の日」なのに「牛」ではなく「鰻」なのはなぜ?

「丑」といえば、十二支の丑年を思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

もともとは、「丑」=「牛」なので、牛を食べても良いのでは・・・と思いがちですが、昔は今のように牛を毎日食べれることはありませんでした。そこで、「ウシ」の頭文字である「ウ」のつくものを食べれば、夏負けしないと言われていたそうです。そこで選ばれたのが「鰻」です。昔から牛を食べる文化は日本でもありましたが、江戸時代以降、牛肉はお殿様に差し出す献上品でも有名でした。一般庶民が「牛」を食べるようになるのは明治時代以降です。

 「土用丑の日」は平賀源内のおかげ?!

でも、鰻を今では夏場の定番として食べますが、夏にはさっぱりしたものを食べたいですよね。なんで、鰻を夏場に食べるようになったのでしょうか。それは、なんと由来はあのエレキテルで有名な平賀源内が由来なんですよ。

江戸時代に鰻屋さんが夏場になると鰻が売れなくなるので、平賀源内に相談したところ、平賀源内が「本日土用丑の日」と張り紙を提案し、その大きく書かれた「土用丑の日」の看板を街の人が「なんだこれ?!」という興味をもって鰻屋が大繁盛したことが由来だそうです。この話は他の鰻屋でも広まり、現在の鰻を丑の日に食べることにつながったそうです。平賀源内はいろんな発明をしていますが、コピーライターの元祖とも呼ばれています。

 

「うなぎ」に刺身がないのなんで?!

 

鰻を食べるときにイメージするのは「蒲焼き」ですが、刺身を見かけないように生で食べませんよね?なぜだかご存知ですか?!じつは、鰻には「毒」があるんです。よくフグには毒があるって有名ですよね。鰻にも血液(血清)に『イクチオヘモトキシン』というタンパク質の毒が含まれています。なので、ウナギ目の魚「ウナギ、アナゴ、ウツボ、ハモ」にも毒があるので、生では食べません。

 

「越前宝や」のウナギ

 

国産ウナギ

越前宝やでは「国産」のウナギを本場南九州(宮崎・鹿児島)から取り寄せました。製造ラインには常に焼きのプロを配置し、手焼き並みの仕上がりを実現しました。専用の加工所にてしっかりときつね色に焼きあげた後、蒸し器に入れやわらかくふっくらとさせます。それを再度焼いた後に「タレに漬け込んで焼く」という工程を4回繰り返し、じっくりとタレの染み込む香ばしい蒲焼きに仕上げてます。

鰻以外にも、簡単に調理できる福井産の「れんこ鯛」「アジ」「はたはた」「サバ」もセットにしてます。一緒にお魚の味を楽しんでくださいね。

うなぎと干物 5種 詰め合わせ 風呂敷対応可 【冷凍】

越前がに
お問い合わせ