お問い合わせはコチラから
お買い物ガイド
ギフトオプション
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

休業日

ふるさと納税

ズワイガニと越前がにって何が違うの? カニの種類について教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
越前がに

だんだん肌寒さを感じられるようになってきましたね。だんだん越前ガニの解禁日も近づいてきています!

みなさま、越前ガニの解禁日がいつかご存知ですか?

越前ガニの解禁は毎年11月6日。

解禁日の越前町の港では水揚げされたばかりのカニに越前がにブランドの証である黄色いタグをを付けたり、テレビ局のカメラが回っていたりと、普段とは違う雰囲気に地元民の気もそぞろです。

特にメスガニである越前セイコガニは解禁期間が大変短く、12月末までしか水揚げされません。一年のうちたった2か月ほどしか味わうことができない貴重な味覚です。

そんな越前ガニですが、「ズワイガニと越前がにって何が違うの?」「セイコガニって何?」「紅ズワイガニとか本ズワイガニの区別って何?」というお声を耳にします。種類が複雑でわかりにくいですよね。

今回は越前町に生まれ育った女将がカニの種類についてわかりやすくお話いたします。食べ方や魅力もお伝えいたしますねっ!

 

最高級の越前ガニとは?

越前がに夫婦セット

まず「ズワイガニ」と呼ばれるカニには「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ずわいがに」の3種類があるのをご存知でしょうか?

「本ズワイガニ」――冬の味覚の王様と言わるほどの力強い旨味と甘みが特徴です。大きくずっしりとした重みがあるほど、味も良いとされ、高値で取引されています。

「大ズワイガニ」――別名バルダイ種とも呼ばれ、名前の通り本ズワイガニに比べて大きいのが特徴で、日本近海ではあまり獲れない輸入ガニです。あっさりとした淡白な味わいがあります。

「紅ズワイガニ」――茹でる前から赤く、すらりと細く長い脚が特徴です。身はジューシーでほんのりとした甘みがあります。一般的に本ズワイガニに比べて安価で購入できます。

 

その中でも、越前ガニは福井県沖で水揚げされる本ズワイガニの呼び名です。

ズワイガニは水揚げされる港によってブランド名がつけられており、山陰地方で水揚げされれば松葉ガニ、石川県なら加能ガニという風に呼び名が違います。

そんな数あるブランド本ズワイガニの中で皇室に献上されているのは越前ガニだけです。

 

福井県沖は、暖流と寒流がぶつかり合って豊富なプランクトンが生息しています。たくさんのエサを食べて大きく旨みの詰まった身はまさにカニの王様です。

福井県沖の恵まれた海で育ったカニは格別の美味しさであることは間違いありません。

 

水ガニやセイコガニってなに?

カニは種類が多くて迷われると思います。

越前ガニもズワイガニの一種ですし、ややこしいですよね。

ここではよく聞く「水ガニ」と「セイコガニ」について説明していきますね。

 

セイコガニ

セイコガニとはズワイガニのメスの事を差します。地元ではズワイガニをオス、セイコガニをメスとして分けて呼ぶことも。

サイズがオスよりも小さく、卵を抱えています。甲羅の中には「内子」が入っていて、通常の灰色のカニ味噌とは異なり、オレンジ色をしています。

オスに比べると足が細いので身は少ないですが、卵や内子をお楽しみいただけます。

【11月20日までのお届け20%割引⇒7,600円】越前せいこがに(メスがに) 160g以上×2杯 セット【冷蔵】(2018年予約受付中)

 

水ガニ

水ガニ

水ガニもズワイガニの一種で、脱皮してすぐの状態のカニのことを差します。簡単に説明すると育ち切っていないカニで、「若がに」と呼ばれることもあります。

殻が柔らかくて身が水分を多く含んでみずみずしいです。

殻から身がズボッと取れることから、ズボガニという呼ばれ方もしています。

手軽に食べられて、育ち切ったカニよりも安価なため、人気があるカニです。

越前水がに(若がに)2肩セット【冷蔵】(2018年販売終了)

 

カニの美味しい食べ方

カニにも美味しい食べ方がたくさんあります。

私のおすすめはもちろんシンプルな塩ゆで。カニ酢も何もいりません。

そのほか、焼きガニ、お刺身でも美味しくいただけますが、他の食べ方も試してみると、よりカニが楽しめるかもしれませんよ。

 

カニ鍋

カニ鍋

だし汁と醤油、酒、塩を煮て、豆腐や好みのお野菜などを入れます。

最期に越前ガニを入れて蓋をして、沸騰する直前で火を止めれば完成です。

入れるだけで出来て簡単。カニのうま味と一緒にお野菜も摂れるのも嬉しいですね。

 

カニのお味噌汁

越前ガニでもセイコガニでも美味しく作れるのがお味噌汁です。

捌いたカニを水から一緒にかけます。沸騰して来たら中火にしてカニ以外の具材を入れて弱火で再び火にかけます。

そして最後にお味噌を溶いたら完成。

カニのうま味があふれ出ていて、身体も温まるので、これから寒くなる冬場に最適です。

 

カニを食べるなら越前宝やで!!

越前がに女将&父

いかがでしたでしょうか?

カニにも性別や成長具合で呼び名が変わることが分かって頂けたと思います。

 

その中でも越前ガニはカニの中の王様です。

越前宝やでは、カニを1杯1杯直接越前港で買い付けを行っています。手で触って重さを確かめなければ、良いカニは手に入れることは出来ません。女将の父が長年の経験と知識で選んだカニは、最高品質です。

 

また、創業60年余りの熟練した職人たちが、新鮮なカニを活きたまま浜茹でするので、最高の仕上がりになっています。

ギフトにもご家庭用にも楽しんで頂ける越前カニになっていますので、是非ご堪能いただければと思います。

越前がに
お問い合わせ