お問い合わせはコチラから
ギフトサービス
お買い物ガイド
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

休業日

ふるさと納税

どうしてこんなに人気なの? 高級魚『のどぐろ』を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のどぐろというお魚をご存知でしょうか?

時折テレビなどで特集が組まれ、脂のり抜群で絶品の味わいの高級魚として知られています。

だけど昔からそんなお魚あった? そんな風に感じられている方も少なくないはず。

のどぐろ自体は昔から水揚げされていましたが、15年ほど前に某人気料理番組で取り上げられ、幅広い地域・世代にまで知られるようになりました。
またテニスプレーヤーの錦織圭選手が「日本に帰ったら食べたい」と発言したことで再び注目度が上がってきています。

 

大きいものであればあるほど高値が付く高級魚で、一尾で1万円以上することも。もともと水揚げ量が多いお魚ではないうえ、近年の人気により、価格も年々上昇傾向にあります。

 

高級魚だからこそ、せっかくなら美味しくいただきたいものです。
今回はノドグロの人気の理由や、食べ方を紹介していきます。

 

高級魚ノドグロとは?

ノドグロは正式な名称をアカムツ。
なぜノドグロと呼ばれるかというと、口のなかを開けるとのどの部分が黒くなっていることから呼ばれています。

高級魚と言われるゆえんは、脂乗りの良さ。
「白身のトロ」という言われ方もするくらい脂が乗っていて、旨みが溢れています。脂がのった魚が好きな方にはたまらないでしょう。

 

ノドグロの人気の産地

のどぐろの産地、と聞いて思い浮かぶ場所は、人それぞれ違うはず。
それもそのはずで、実はノドグロは全国各地で水揚げされているお魚です。最近ではブランド化に力を入れている産地もありますので、その中でも特に有名な産地をご紹介いたします。

 

島根県

島根県は「どんちっちのどぐろ」というブランド化を図っている、ノドグロの産地です。特に浜田市が有名で、市の魚にノドグロを指定しているくらい力を入れています。

のどぐろ人気の立役者である錦織圭選手が島根県出身であることもあり、「のどぐろといえば島根」と感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

長崎県

長崎県も島根県同様、ノドグロのブランド化に力を入れています。

目が赤いことから「紅瞳(べにひとみ)」と名付けられています。
底引き網で獲ることも多いのどぐろですが、こののどぐろは地獄縄と呼ばれる縄漁法で1尾1尾を丁寧に獲ることで、傷が少なく鮮度も良い状態で捕獲します。

2005年にブランド化を行ってから、2017年時点で約60%単価を上げることに成功しています。

 

石川県

ノドグロといったら石川県の金沢といっても良いほど有名です。
北陸新幹線開通により、おいしい北陸のお魚としてテレビなどで特集されることもあったので、特にご存知の方も多いでしょう。

石川県には69個の漁港があり、うち2つは全国で利用されている漁港。

石川県内では、ノドグロを主体にした飲食店も多く、美味しいノドグロを求めて多くのお客様がやってきます。

 

ノドグロの食べ方

次に美味しいノドグロの食べ方を紹介していきます。
せっかく高級魚を頂くのであれば、美味しくいただきたいですよね。

今回は一般的なお刺身と、干物について紹介していきたいと思います。

 

ノドグロを刺身にする良さとは?

高級なお魚ほどお刺身で味わってみたい! そんな方も多いはず。

ノドグロは、見た目は赤いですが白身魚です。一般的に白身魚は淡白なものが多く、マグロやサーモンなどと比べると脂のりが控えめ……ですが!

しかし、ノドグロは「白身のトロ」と呼ばれるほど抜群の脂のり!
お刺身にして味わうことで、白身ながらも脂ののったお刺身を頂くことが出来ます。

また、身も柔らかいので老若男女問わず美味しくいただけるお刺身と言えるでしょう。

 

ノドグロを干物にする良さとは?

のどぐろといえば、焼き魚!
パリッと香ばしく焼けた皮からじゅわっと染み出てくる脂、落ちた脂に炭がはぜる音……。テレビで見るのどぐろの塩焼きにあこがれて、一度は食べてみたいと思われた方もいらっしゃるのでは?

しかし、素人が塩焼きをするのはなかなか難易度が高いもの。水分量が多いために焼き時間の調整が難しく、うっかり焼きすぎてパサパサになってしまえば、せっかくの高級魚も台無しです。

 

焼いて食べるのであれば干物が断然おすすめです。

干物って乾いているイメージ……ジューシーな脂のりを味わいたいのに。

ご安心ください。
焼けばこの脂のりですっ!

 

干物は塩を振って干してあるため、水分が抜けてその分旨味が凝縮しています。程よい脂と、旨みが凝縮したノドグロの焼き魚は絶品の一言しか出ません。

また干物はタンパク質が変化して、独特の旨みを与えてくれます。

脂が最高に乗った白身魚の干物を是非味わっていただきたいです。

 

お刺身と干物はどっちが美味しい?

結論から言いますと「どちらも美味しい」です。

先ほど説明した通り、お刺身にはお刺身の美味しさが。干物には干物の美味しさがあります。
どちらで食べても間違いなく美味しいでしょう。

 

しかしお刺身は鮮度が命。
お刺身を頂きたい場合は、北陸や漁港まで食べに来ることをおすすめします。

気軽にノドグロを食べてみたい方、何度も食べたいけど足を運べば伊方は是非ノドグロの干物を食べて頂ければと思います。
越前宝やではノドグロの干物「ギフト」「特別な日」用にご用意しております。もちろん自分へのご褒美でも構いません。

 

干物とは思えないほどジューシーでなノドグロに皆さん驚かれます。
是非ご利用いただければと思います。

のどぐろ干物 約160-200g×2尾入【冷凍】

越前がに
お問い合わせ