お問い合わせはコチラから
お買い物ガイド
ギフトオプション
卸ご希望の方へ
カタログ請求

営業日カレンダー

ふるさと納税

食べ物の食べ方で幸せになれる?魚を骨まで味わい尽くそう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはミニマリストという言葉を聞いたことがございますでしょうか?
簡単に説明させて頂きますと、「必要最小限の生活をする」方たちの事を言います。
衣類や家具も最小限にして、なるべく物を持たない…そんな生き方を選択する方が増えてきています。

皆さん幸せになりたいですし、そうなる為に日々一生懸命働いていると思います。
今回は一つの考え方として参考にしていただければと思います。

新しい幸せの価値観

「食べ方なんかで幸せになれるもんか!」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、幸せを感じるのって意外と簡単なんです!
先にミニマリストのお話をさせて頂いたのも、何かを「手に入れる=幸せ」が唯一の答えではないということを知って頂きたかったためです。

現在の若い世代の方は「乾けない世代」と呼ばれており、生まれたときから世の中にモノが蔓延して充実していました。
なにかも揃っており、特に不足感がない状態の方が多いことからそう呼ばれています。
逆にその上の世代を「乾いた世代」と呼んでおり、この方たちの時代は高度経済成長で、カラーテレビやら、冷蔵庫やらを必死に頑張って手に入れてきた世代でもあります。

今の世の中は、インフラもほとんど整い、生活必需品は比較的安価で手に入ります。
世の中の未開拓の分野というのは、もちろんまだまだあるでしょうが、充分に生活していくのに無理やり開拓していく必要性も感じられなくなっています。
頑張って頑張って何かを達成して手に入れて「幸せ」を感じられた時代はほぼ終わってしまっているのです。

なぜ食べ物の食べ方で幸せに?

ミニマリストという方々が現れたのも、新たな幸せの形として注目を集めているからなのです。
「余計なことをしない」「資源を有効に使って充足感がある」「自分で自分を管理できる」…
バブル期には絶対に流行らなそうな考え方ですが、人間はこういったことでも幸せを感じることができるのです。

そしてそれは、食べ物を余すことなく味わい尽くすことも同じことが言えます。
お料理をする方であれば経験があるかもしれませんが、普段は捨ててしまう部分でもう一品作れてしまうと、何だが幸せな気分になりませんか?

干物の骨の利用方法!!

 

皆さんは「骨」をどうしていますが?
そのまま処分してしまう方も多いと思います。
実はその骨、すっごく良い出汁が出るんです!!

某レシピサイトでも干物の残った骨を使ったレシピが大量に投稿されていまして、非常に人気となっています。
簡単な出汁の取り方は、お湯を沸騰させた後に火を止めて、骨やアラを投入して、弱火で煮てあげてください。
かつお節を切らしている時の代わりにもなりますので、是非有効活用してください!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
もちろん価値観は人それぞれですので一概には言えませんが、食べ物を無駄なく利用することはとても良いことです。
小さな事でも幸せを感じて生きていけるのであれば、それに越したことはありません。
お金や出世を目指して頑張る事も素晴らしいですし、最低限のモノで効率よく生きるのも素晴らしいですし、「みんな違ってみんないい」というやつですね!!

美味しい干物を味わい尽くす幸せをも一度体験していただければと思います。

お歳暮
お問い合わせ