お問い合わせはコチラから
ギフトサービス
お買い物ガイド
卸ご希望の方へ
カタログ請求

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

休業日

福井の天神講 焼きガレイを食べて頭が良くなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天神講

福井の天神講=カレイの丸焼きを食べる日

天神講をご存知ですか?
毎年1月25日、福井では床の間に天神様の掛け軸を飾り、焼きガレイをお供えします。お供えした後、この焼きガレイを食べて子供の無病息災や学業成就を願うというもの。

学業の神様である菅原道真公・天神様を祀った神社は全国各地にあって、太宰府天満宮や京都の北野天満宮は特に有名ですよね。道真公の祥月命日である2月25日や毎月25日には祭礼が行われるそうですが、一般家庭で天神様を飾って拝むような風習があるのはごく一部だそうです。

地方によって天神講の風習の中身も様々らしいのですが、福井ではその家に初めて男の子が生まれると母方の祖父母から天神様の掛け軸が贈られる、というのも風習です。その掛け軸を年明けから床の間に飾り、最終日である25日には焼きガレイを供え食べるんです。

なんで焼きガレイ?と不思議になりますよね?(^▽^;)県外の方から見ると不思議な風習でしかないかも知れませんが、福井で生まれて育つと毎年恒例の行事なので、この日には焼きガレイを食べないと!みたいな気になっちゃいます(笑)

ブログ 天神講

魚屋さんはもちろん、スーパーなどでも1月25日には大量の焼きガレイが売られます。
土用の丑の日に、スーパーなどでうなぎのかば焼きが大量に並ぶように。
だから、家に男の子がいなくても、掛け軸を飾らなくても、この日はスーパーに行ったら焼きガレイを買っちゃう人も多いのかも知れません。
一説には、菅原道真公の好物の一つがカレイだったという話もあるそうですが、冬に身が厚くなり美味しくなるからこそ、大事な神様にお供えするとも考えられます。

とにかく、福井では1月25日は焼きガレイを食べる日!
普段は買うことや食べることが少ないという方も、ぜひ美味しい時期の美味しい焼きガレイを食べてみて下さい!

 

 

●関連商品:「越前赤かれいが入った干物セット

お中元特集
お問い合わせ